2007年12月04日

[XSIスクリプト] ChangeCameraView更新

ビュー切り替えのスクリプトです。
ChangeViewCamera.xsiaddon - 10.0 KB
カメラを順番に切り替えられるように修正
スポットライトのビューに対応

こっちとあっちの都合を・ ・・ (神天)

XSIをLW風にカスタマイズしたいというお話。スクリプトの更新とタイミングが良かったのでカスタマイズのネタと一緒に。

私はXSIを使う前は、FilmBox、MotionBuilderとMayaを併用していたのですが、 ビュー操作とショートカットが違うのでソフト間を行き来する度にキーを押し間違えたりしてイラッときてたんですが、 MBにはMaya互換のインタラクティブモードがあったのでMBをMayaモードに切り替えて、 ビュー切り替えはMBの方が使いやすかったのでMELでMB風のビュー切り替えが出来るようにしてました。
XSIもスクリプトで色々対応できるので、MBとほぼ同じ操作で作業できるようにカスタマイズしてます。
[XSIスクリプト]ビューカメラの切り替えとトランスフォームツールのマニュピレータの切り替え
↑の2つのスクリプトでビューの切り替えと、マニュピレータの切り替えをショートカットに登録できるようになります。

 

 カメラ・オブジェクト・ライトの各ビューをテンキーに割り当てたい
(このさいテンキーはLW準拠でもいいでしょ)

LW準拠にするなら、ChangeViewCameraをインストールして

ChangePerspective(カメラ切り替え) − テンキー6に割り当て
ChangeLightView(ライト切り替え) − テンキー5に割り当て
ChangeUserCamera(ユーザービューに切り替え) − テンキー4に割り当て
ChangeFront(フロント←→バック切り替え) − テンキー1に割り当て
ChangeTop(トップ←→ボトム切り替え) − テンキー2に割り当て
ChangeRight(ライト←→レフト切り替え) − テンキー3に割り当て

にするとほぼLWと同じになると思います。

 選択しているアイテムの位置・回転をリセットするボタン

Transformメニューにリセットするコマンドがあるので、それをツールバーやシノプティックに仕込めば作れます。


20071204_1 20071204_2

 オブジェクトやカメラを動かしたら
自動キーをONにした状態で移動・回転・スケールに全部キーを打ち込んで欲しい

私の場合ですが、動かす前にキーフレームを打つ癖をつけてます。シノプティックに全身のキーフレームを打つボタンを作って、 全身にキーフレームを打ってからポーズを付けるようにしてます。
ソフトによって自動キーの挙動が違いますが、これを癖にしてしまったら他のソフトを使ってもあまり気になりません。

ついでですが、ChangeTRMode(マニュピレータ切り替えスクリプト)の簡単な説明。

20071204_3

本当に簡単にですが・・・

 



この記事へのコメント
なんという至れり尽くせりな説明!
有難う御座います
参考にやってみます
Posted by 神天 at 2007年12月04日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。