2007年11月25日

[XSI スクリプト] カーブデフォームとか

翠星石 その2 & 髪の毛モデリングの話
↑のブログを見て思いつきで作ったスクリプトです。こういうのをソコソコの気合と根性でソコソコのクオリティで作りたい人向け。 アニメーションさせることを前提に作りました。

Deformer.xsiaddon - 17.6 KB
サンプル動画 - 848KB HairRigで動きをつけてます。

 

ExtrudeByCurve
作成>ポリゴンメッシュ
メッシュオブジェクト、カーブの順に選択してから実行します。カーブは複数選択可。
選択したメッシュオブジェクトのクローンを作成して、クローンにExtrudeByCurveを適用します。 元オブジェクトの方で断面の編集をして下さい。
ポリゴンごとに押し出しするので、ポリゴンアイランドは一つのポリゴンに纏めておいて下さい。説明し難いので、 最初にグリッドオブジェクトで分割数を変えながら動作を確認してみてください。
※ ExtrudeByCurveを適用している間は、XSIの仕様でUVやクラスタの設定、追加が出来ません。 最終的には一旦フリーズしてからDeformByCurveを適用してください。

DeformByCurve
修正>デフォーム
メッシュオブジェクト、カーブの順に選択してから実行します。
標準のカーブデフォームをシンプルにして、テーパの機能をつけた感じです。パラメータはExtrudeByCurveと共有します。

FreezeExtrude
修正>ポリゴンメッシュ
ExtrudeByCurveが適用されているオブジェクトを選択して実行します。
ExtrudeByCurveで作られたオブジェクトをフリーズしてDeformByCurveを適用します。 ExtrudeByCurveとDeformByCurveではツイストの計算方法が違うので、 ツイストを使用している場合は使わないほうが良いです。

SimpleTaper
修正>デフォーム
デフォームオペレータの習作です。 これがあったフォルダに上のスクリプトを作ったのでアドオンの名前がDeformerになってしまいました。名前考えるのも面倒くさいし。 カスタムオペレータのサンプルになるかもとオマケにつけてみました。

作業の流れは、ExtrudeByCurveでおおよそのアタリをつける。
ActiveCurveDeformとConstrainのチェックを外すと真っ直ぐな形になるので、その状態でフリーズ。 ツイストをアニメーションさせたい場合はTwistを0にしてからフリーズ。
フリーズしたオブジェクトを作り込む。
DeformByCurveを適用する。ストレートボタンを押すと太さが一定になります。
アニメーションさせる。

近いうちにチュートリアルっぽいのを書く予定です。

この記事へのコメント
はじめまして、こんばんわ。
ブログ見ていただきましてありがとうございます。
以前からHairRig関連のプラグインなど、
髪の毛やスカートに最優先で試したいなぁと思って拝見しておりました。
今のが終わった後、時間があれば今度こそアニメーションまでいけたらいいなと思ってます。

チュートリアル、楽しみにしております。
Posted by 狐森 at 2007年11月26日 03:12
はじめまして。
狐森さんのような人に使って頂けると私も嬉しいです。

チュートリアルは、今回のDeformerとHairRig、スプラインIKを使ってロングヘアーを動かす内容で、年内に公開できればいいなと思っています。
Posted by ika at 2007年11月26日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69142619

この記事へのトラックバック

[XSIスクリプト] ExtrudeByCurveの使い方
Excerpt: コイツの中にあるExtrudeByCurveの簡単な使い方です。 公開して3ヶ月以上経っていますが、今更使い方です。しかも簡単にです。このスクリプトを使うと簡単に何か出来るというわけではなくて、簡単に..
Weblog: くコ:彡
Tracked: 2008-03-07 23:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。