2007年08月11日

[XSIスクリプト]ビューカメラの切り替えとトランスフォームツールのマニュピレータの切り替え

自分はモーションをつけるときに、カメラ、パースペクティブ、スケマチックの3ペインで作業するので、 パースペクティブの部分のビューを頻繁に切り替えるのですが、 XSIにはカメラ切り替えのショートカットが無いっぽいのでスクリプトで対応してみました。
MotionBulderみたいに、FrontビューでFrontに切り替えるとBackビューに切り替わり、 BackビューでFrontに切り替えるとFrontビューに戻ります。Right←→Left、Top←→Bottomも同様です。
ctrl+F、R、T、Eに割り当てて使ってます。

ChangeViewCamera.xsiaddon - 8.4 KB

移動ツールや回転ツール等の、マニュピレータの切り替え(Global、 Local等)のショートカットやコマンドも無いっぽいのでこれもスクリプトで対応しました。
alt+Q、W、E、R、Sに割り当てて使ってます。

ChangeTRMode.xsiaddon - 6.6 KB

 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[XSIスクリプト] ChangeCameraView更新
Excerpt: ビュー切り替えのスクリプトです。 ChangeViewCamera.xsiaddon - 10.0 KB カメラを順番に切り替えられるように修正 スポットライトのビューに対応 こっちとあっちの都合を・..
Weblog: くコ:彡
Tracked: 2007-12-04 23:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。