2010年04月29日

[XSI ネットビュー] ネットビューでローカルwikiを使ってみる

今までネットビューなんて使ったことが無かったんだけど、 今の職場ではみんな好き勝手にデータを管理してるから何かトラブった時に原因究明が困難なので、 ネットビューを使ってルールを強制しちまおうと思って使い始めてみた。

で、一番面倒だったのが手打ちでHTMLを書くとモデルが増えたりすると、 誰もがHTMLを書けるわけではないのでコッチに追加依頼が来ることだった。
自分もネットで調べながらやってたわけだけど、お前が作ったんだからお前がやれってなるわけですよ(`・ω・´)。 突っ返すとルールを守ってくれないわけですよ(´・ ω・`)。
今のところエクセルで作った表を元にjavascriptで一覧表を生成するようにして落ち着きはしたけど色々面倒くさいんで、 自分の作業もあるんで、何か良いのないかなぁと思って、wikiだったらいけるかなと。 wiki使ってプロジェクト管理してる会社が結構あったし。

というわけで自宅のPCにインストールしてみた。

XAMPPを使って、 自分だけのwikiを作ろう - 10分でできるローカルサーバー環境
↑を参考にXAMPPとpukiwikiをインストール。

※つまずいた所
pukiwikiのURLが間違ってる。正しくはココ
XAMPPのデフォルトのインストール場所が「C:\apachefriends\xampp」→「C:\xampp」に変更されてる。
pukiwikiを置く場所は「C:\xampp\htdocs\」にしないとアクセスできなかった。

XAMPPのインストール
細かい設定などは↑を参考にした。

とりあえずネットビューでwikiを表示できて編集も出来たので続きはまた後日にでも。wikiの書式がよくわかんないし。

話は変わるが「ホウレンソウ」なんて社会人なら常識かと思ってたんだが出来ないヤツって結構いるんだなと。
確認と相談くらいはして欲しいなと思う。相手のイメージと自分が抱いたイメージのすり合わせするぐらいの確認はした方が良いかと。 だからリテイク多いんじゃね?と。

posted by ika at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148137034

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。