2009年05月13日

「写真をちょっと面白くする構図のくずし方」が酷い件

写真をちょっと面白くする構図のくずし方
聞きかじりの知識で手段と目的が入れ替わっちゃった例。
もしかして釣りなのか?

被写体あっての構図だと思うんだが、 ちょっと面白くするために何を見せたいんだかわからなくなってしまったのでは本末転倒だと思う。

構図の基本ってところで余白が無いからダメみたいなことを書いてあるけど、与えたいイメージによって余白の割合は変わってくる。 余白が少ないと圧迫感とか威圧感とかをイメージしやすい。大きい建物を撮る場合は余白が無いほうが大きさを伝えやすいと思う。 この場合はむしろ右の方にあるビルが邪魔だろう。右のビルが映らないようにトリミングした方が良くないか?

次の木の写真はそのままでも十分良いと思う。下にある赤系の花と余白の空が上の木の緑とシルエットを引き立ててるし。 修正したヤツは何をとったのかさっぱりわからない。どうしても切り取りたいんなら、木か花のどちらかに決めて切り取ったほうが良いと思う。
マックの写真もそのままの方が良いと思う。主題のロゴマークも際立っているし構図も良いと思う。 修正したヤツはロゴも入ってないし客の二人組も中途半端。しかも客の首が切れてるし。

次の交差点の写真もアングルを変えたために主題がわからなくなってる。ビルか通行人かどちらかに絞った方がいい。 もしかして信号機が主題?
あと、隠したり写ってなかったりすると見る人の想像力が働いて面白みが出ると書いてあるが、 構図ってのは見る人の想像力をコントロールして与えたいイメージを想像させるものなんじゃないかな。

次の手前に物を置くの最初の写真は修正後の方が良いと思うけど、 二番目のヤツは手前のものに目が行っちゃって主題が変わってしまっている。

次の斜めにするってのはちょっと酷い。
地平線を傾けると不安とか迷いとか心情が不安定なイメージを与えやすい。こういうイメージを与えたくないのならやらないほうが良いと思う。 下手をすると失敗したみたいに見えるし。
どうしても斜めにしたいって場合は水平なシルエットのものや逆に傾いているものと一緒にとるとかしたほうが良いと思う。

次のバランスを崩すってのは逆にバランスが良くなってるように思うんだが。

次の正面から撮るはわざとやってるんだろうか?だんだんネタっぽくなってきた。
最初の写真は下部の横断歩道の所がシンメトリーになってる。下の方をシンメトリーとかバランスを均等にすると安定感が出る。
次の写真は上部がシンメトリーで下部のバランスが悪いので全体的にバランスが悪くなってる。 でも道路の部分を切り取ると綺麗に構図が取れてるんだよなぁ。狙ってやってるんだろうか?
次の駅の写真は反対側のホームを消せば良くなると思う。シンメトリーにこだわって線路に下りてはダメです。

最後の番外編の3つは良い構図だと思う。
最初の夕日の写真は暗い色調の上の高速道路と下の川で明るい空を挟んで夕日を強調させている。
三番目のビルの写真も高速道路と左のビルで挟んで中央のビルを強調させている。 両脇の高速と左のビルをたどっていくと中央のビルにたどり着くようになっていて中央のビルを指し示しているように見える。

ネタっぽいけどあえて釣られてみたよ。
もし構図に興味を持った人がいるなら平面構成でググるいいよ。

 

posted by ika at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119300258

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。