2009年01月04日

[XSIスクリプト] 小物スクリプト追加

Pythonで書いたスクリプトがたまってきたのでスクリプト置き場に追加しました。

BoneRenamer.py
チェインルートの名前を元にボーンをリネームします。
↓こんなの
root_○○
 -bone
  -bone1
 -eff

root_○○
 -○○1
  -○○2
 -eff_○○
↑こんな感じにリネームします
ボーンが一つの場合はケツに連番をつけません。

CloneSymmetry.py
選択したメッシュをクローンまたは複製して、SymmetrizePolygonsを適用するかXスケールを-1にします。
他のモデルに移したいときはモデルも選択しておきます。選択してない無い場合はピックします。

Constraint.py
コンストレインを命名規約にそって適用します。
最初はjunkiさんのスクリプトを使っていたのですが、 シャドウリグの指のコンストレインを設定してたのですが同ポジでピックし辛い上に本数が多いので
ゴルァ! (ノ`皿´)ノ┻━┻・..。;・'
一括で出来るヤツを書きました。
コンストレインされる人を選択して実行します。
・Constraint コンストレインの種類です。デフォルトはPoseです。リスト化しようとしたけど面倒なのでやめました。 直接書き込んでください。
・Constrained コンストレインされる人のプリフィクスです。
・Constraining コンストレインする人のプリフィクスです。
選択されているオブジェクトのプリフィクスをConstrainingに入力した文字に置き換えた人が居るとソイツにコンストレインします。
私の場合は、コントロールリグのボーンはプリフィクス無しで、シャドウリグのボーンには「sdw_」というプリフィクスをつけているので、 シャドウリグのボーンを選択してConstrained=sdw_、Constraining=空白、 と入力して実行すると一発でコンストレインできます。
Left、Rightと入力してSymmetryコンストレインを適用とかも出来ます。

MatchRot.py
MatchTfm.py
リグが複雑化するとMatchTransformの挙動が怪しくなるので書いたスクリプトです。
MatchRotation、MatchAllTransformsと同じ動きをします。

MoveCenterToObject.py
メッシュの形状を保ちつつ原点の位置を他のオブジェクトの位置に合わせます。
メッシュオブジェクトを選択して実行します。
複数選択不可。複数選択している場合は2番目に選択したオブジェクトに位置合わせします。 一つしか選択してない場合は位置合わせしたいオブジェクトをピックします。

RemoveShape.py
選択した頂点のシェイプのオフセットを0にします。
左右対称でシェイプを作って後で片方を削除する時に使ってます。
頂点とShapeクラスターの中から0にしたいシェイプを選択して実行します。

RenameReplace.py
RenameSequence.py

RenameSequenceHierarchy.py
リネームスクリプトです。うっかりメインシェルフのデータを消してしまったのでPythonで書き直しました。
特定の文字列を他の文字列に置換します。DuplicateSymmetry等でケツについた数字を消したりも出来ます。
選択順にケツに連番で数字を追加します。名前は最初に選択したオブジェクトの名前を使います。
選択したオブジェクトの子供たちのケツに連番で数字を追加します。名前は選択したオブジェクトの名前を使います。

ResetScaling.py
子供たちの位置がずれないようにスケールを1にします。メッシュオブジェクトの場合は形状と原点の位置がずれないようになってます。

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。