2008年07月11日

XSI7

XSI Foundation生産終了のお知らせ

今回のバージョンの新機能がギガポリゴンコアU、DELTAUなどICEを中心にしたもので、 Foundationに付ける機能がUVエディタの改良くらいしか無いからバージョン上げてもしょうがねぇだろ?とは思うけど、 せめて6の販売は続けて欲しいなと思う。

目玉機能のICEってのはスクリプトオペレータをGUIで作れるみたいなヤツなんだろうか?Houdiniみたいな感じ? 群集シミュとかもコレで出来そうでなんか凄そうだ。
カスタムオペレータを駆使しててVFX制作メインなところとか、映画みたいな大規模なプロジェクトなら制作コストが下がるかもしれないけど、 他はどうなんだろう。小規模なプロジェクトや個人制作なら別に必要無いよなぁ。 でもレンダーツリーとかFXツリーにもICEを組み込めるんなら弄ってみたいなぁ。 エクスプレッションノードなんてのがあったら道場の中の人が足掻いていた画像合成モードなんか簡単に出来ていいよね。

ICEパーティクルとかなんだか凄そうだけど、ボリュームシェーダについて全く触れていないのはワロタ。 サードパーティ製のボリュームシェーダがあるからウチで作る必要無ぇだろって事なんだろうか。個人的にその通りだと思うけど。

追記(7/11)
コメントで指摘がありましたボリュームシェーダですが、 リンク先の画像にバッチリParricle_Volumeというノードが写ってますね。(;・ω・)
CGTalkの方にはアップグレードしたBAVolumeシェーダが標準で搭載されるみたいな事が書いてあります。

Are they new particle volume shaders the BaVolume particle shaders (version 3?) as rumored months ago.

 Pretty much yes.
If you liked BA (and people would be crazy not to) you'll be pretty impressed by how it's been updated and implemented.

これからほ海外の情報もチェックしないといかんなぁ、MotionBuilder Pythonなんて日本語の情報が全く無いし。

posted by ika at 00:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たびたびお邪魔します。

公式の RenderTree のスクリーンショットに Particle Shaper とか Particle Volume とかいう文字が見えたので、
http://www.softimage.jp/xsi/7/img/XSI7_ICE_volumetric.jpg
おおっこれは何か進化しているなっ と思っていたのですが、

http://forums.cgsociety.org/showthread.php?f=24&t=650578&page=2&pp=15
このページの#27 と #28 のやりとりを見ると、BA Volume だと言ってますね。
「新しいパーティクルボリュームシェーダって、BAなの?」 「まさにそうだよ。今までのBA 好きなら、どんだけ進化してどんだけ良く実装されてるか、びっくりするだろうよ」とかなんとか言ってます。つまり BA が標準で七に搭載されたという意味なのでしょうか。そこまでは未確認ですが。 zbump のように個人制作プラグイン出身で Softimage に買い取られたパターンなのかもしれません。こんどA社の人にでも聞いてみます。

挙動がどんだけ良くなってもレンダリングがダメならそれはダメですわな。


Posted by junki at 2008年07月11日 05:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。